パピヨンブリーダー Glorious.k Blog | TOP > ARCHIVE > 2006年02月
交配・出産情報
★パピヨン出産予定
6月中旬~
キーさん
ポーラさん
チュレさん
ジュディさん
アイアイさん
 
 
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2006.02.28 (火)

空振り

クリスティーの耳とアランのワクチンへ出かけた。
クリスティーは、小型犬が好きではなく危険犬なのだが
体がでっかいので助手席に乗せ、アランは後部座席のキャリーの中に入れて
いざ出発!到着すると臨時休診
アランは、昨日で犬舎に移動をさせるつもりで
いたのだが・・・延期じゃ~
3ヶ月で移動は異例なのだが、運動が足りなくなるので
早めに移そうと考えた。
気性は、相変わらず強く玉ちゃんと大喧嘩になりかけたが
アランは、一歩も引かない。
事務所でお山の大将で育ってきたため引く事を知らない
それが、玉ちゃんの怒りを誘うようだギャハハハ(≧▽≦)
まぁ~この点は、犬舎のほうで怖い楊貴にでも
教育をしてもらえばすぐに直るだろう(・∀・)ニヤニヤ
先日「今ミシェルはやりたい放題で
ミシェル君よりも強いアラン君って・・・川崎さん
すごいんじゃないですか?」と聞かれたが
最初はわがまま放題で、何度血を流しながら押さえつけたか
分からないが、アランに分かるように教える事で
人間には、明るくだれにでも懐き従順に育ってくれた。
後は、犬達との協調性を養わなきゃいかんなぁ~
... 続きを読む
スポンサーサイト
 
2006.02.26 (日)

すごいものを見つけてしまった!

夕べは、酷い豪雨でTVも聞こえないほどのすごい雨だったが
何とか今日は雨も上がってくれた。
曇り日だが、風はあるので洗濯を山のように干し
ネットをしていたら面白いものも見つけてしまった。
フロントラインだが
20kg~40kg用が3本で1円・・・
なんだかあまりにも安すぎて怖いので購入をやめた。

そうこうしていると、お久しぶりのお友達から
お電話を頂き、久々にパピヨンお話をした気がする。
「何度もかけたけど捕まらないね~」とギャハハハ(≧▽≦)
IPフォンやBBフォンからの着信は、履歴が残らないので
全然お電話を頂いていた事に気が付かなかったササッ((((・_・)
後輩にまでいいお話を下さって、すごく嬉しい気分だ。
犬が生まれてるよ~と情報をくれたのだ。
この犬種の、特に牝は目をつぶっていても売れると言われている犬種だ。
 
2006.02.25 (土)

ご馳走だ♪

親戚の法事に出かけていた母が「食料取りにおいで~」と
行ってみると、走り毛があるじゃん♪横に穴があいた貝で
とても美味しい貝なのだ。刺身にタコ酢にサラダにアサヒカニに
車えびの塩焼きにサザエに海老フライ、その上お膳も丸々残っている。
叔母の家業は魚屋なので、刺身もそれは豪勢だ。
今夜はビールが美味いわ~なんて思いながら
車を運転して帰る途中、頭痛が・・・(´;ω;`)ウッ…

寝不足だ・・・。夕べは、色んな事を考えながら眠ったのが
深夜1時頃で夢ばかり見て何度も目が覚めた。
「中上電話入れてきたよね・・・なんだったんだろう?」と
朝ふと考えたが「そうや、生体買取場からかけて来たよね・・・?」
あっ!夢やん、生体買取場なんてものもないし、なんて変な夢なんだろう。
中上さんを知っている人は、笑えるだろうギャハハハ(≧▽≦)
 
2006.02.24 (金)

後輩の事

私、某後輩が可愛くて仕方が無い(^_^;)
多分・・・いつも難癖をつけるので
私の事は鬼女と思っているだろうがギャハハハ(≧▽≦)
私は、この子を叱った時は自分もかなり苦しむのだ。
だって、それは当然で1番可愛いんだもん。
私が一度怒ると突き当たってもものは言わないし
一切の協力もしない。
ただ「すいませんでした」と素直に言われると
お~よしよしと、後は引かないのが私流だ。
納豆タイプの人間ではない。だって、可愛い子に怒るのも
苦しいものだし~

後輩が、ポツリと口にした悩み・・・・
苦しいだろうなぁ~私も過去に苦しんだ事のある悩みを抱えている。
とても罪深い問題で・・・後輩の責任ではないが
それが、後輩の責任となって跳ね返る・・・
1番大変な問題だが、世の中はすっごく面白く重要視するブリーダーは
少ない。
後輩に対応できるのかがとっても心配だが、いざとなれば
私が走ろうっと~
悩む事無かれ!あんたが出来ん時は私がちゃんとするから
笹船にギャハハハ(≧▽≦)乗ったつもりで頑張りましょうや~
 
2006.02.23 (木)

ドタバタ

先輩のパピヨン雌を預かっていたのだが、返さなければいけないのに
家から1時間ほど走った所まで連れて来てと言われ、
少々むっとしながら、しぶしぶ了解をしたが
「お昼おごるからさぁ~」と言われても
「いりません」と結構子供じみている私ギャハハハ(≧▽≦)
「そんな事いわないで一緒に食べようよ」と言われ
のこのこ出かけてしまったが、普段は中間地点の
某所で落ち合うのだが、今日は某所よりもさらに
40分ほど行った所へ呼び出されたのだ。
出かけるまでが大変で、運動場の洗浄と消毒をし
犬舎内の床の消毒をし餌を与え、水をかえ
事務所のアランのケージの消毒と床拭きだけして出かけた。
が到着をし食事をご馳走になりながら話をしだすと
何で私が呼び出されたのかがよく分かった。
家によく来る後輩の事で、某所では話せない内容だったからだ。
 
2006.02.22 (水)

色々ありました。

朝1番、某HPを見て爆笑ギャハハハ(≧▽≦)
笑いが止まらず、お知り合いと盛り上がってしまいました。
無知とは怖いものです・・・"( ´,_ゝ`)"
午後からは、面白い午後を過ごした。
ちょっとした用事を頼まれ、出かけたのだが
子豚のような子犬達が沢山いて、面白い!
吠える時の口が!!!超面白いギャハハハ(≧▽≦)
でも、私は体臭がとても少ないパピヨン飼いな人なので
「この子達、犬臭いよ~くさ~くさ~ボクチンと似た臭いじゃ~」と
連発をしながら、面白い行動とプリプリのお尻にウハウハですごした。

プラダ君の事をお世話いただいたTさんに
お話をしが、色々と考えると同居をされていた
可能性もで出てきて、たぶんプラダは・・・・
今はとにかく、お住まいをなくされ
大切な愛犬やオーナー様の預かり犬を亡くされ、
着の身着のままで逃げ出された先方のお気持ちを考えると、
とてもお電話を出来る状態ではないと双方で判断をした。
プラダは、小さい時からオーナー様のところへ行った子で
オーナー様が高齢の方だったらしく、出もどり君となり
その後、犬舎で暮らしていたらしいが
かわいそうな事に、ブリーダーさんは、プラダへの愛情が薄く
「プラダは、本当に運の無い子で・・・」とその話をしてくださった。
プラダと1匹でも多くの命が助かっている事を
望まずにはいられない。
 
2006.02.21 (火)

複雑骨折な1日

朝、掃除をはじめようとしていると、若いブリーダーさんがこられ
「あらら、朝からどうしたの?」と私は、掃除をしながら
いろいろと話をし「私の掃除って面白いやろ~ギャハハハ(≧▽≦)」と
言うと「面白くはないけど、几帳面ですね~A型でしょ」と聞かれたが
残念!!!!私は、すごく大雑把でしかもO型です~ぅ♪
犬舎の掃除が終わり、今度は事務所に入ってまたもや掃除。
話をしながら、這いつくばって床を拭くのですが
「川崎さん、リードですか・・・!!!」そう、毎日拭き掃除は
したいけれど、雑巾を洗うのは大変なので・・・(ノ´∀`*)
シャッシャッとアクアリブをふりかけた
厚手キッチンペーパーは、はなせないのです(^_^;)
今は特に、アラン様がいるので日々床掃除は欠かしたことは無い状態。
そうこうしている間に掃除も完了し、お茶のみタイムで
和やかに話をし、お菓子をぼりぼり食べて結構ギャハハハ(≧▽≦)の午前だった。

午後に突入したが、午後は午後でお客様があり
憲兵隊といわれる、うちの子達の動きを見てもらった。
1番私と過ごした時間の短いレオ丸の動きは、なぜか完璧で
実演に使うのはレオ丸と決めている。
この実演をする事は、めったに無いが
今日は午後から、気温も上がり犬達の疲労具合を見て
お客様の引き上げ時間にかち合ったので、たまたま見ていただいた。

夕方からは、携帯の嵐で・・・キャッチはいりまくり!
ミシェル君、相変わらずおしゃべり男を演じているらしく
レディーちゃんやマーロウ君よりも「おれ様を先にしろ!おれ様を
可愛がれ、誰よりも先におれ様を!!!!」と騒ぐのだとかで
「3番目の扱いをしてください。節度が無いと思うので、
ダメな時はダメできつく叱っても大丈夫ですよ~」と答えておいたが
あの子の性格は、独特の性格で早めに家に帰ってくる可能性が
高いかもなぁ~ギャハハハ(≧▽≦)

プラダの行った先のご実家が火災に合いと言うお電話も入ったが
犬が複頭数焼け死んだと報告が・・・・・
「プラダは、娘さんが飼われているので大丈夫だと思います」と
答えたが・・・今、火災に合い大変な思いをされている所に
確認のお電話をする事は、はばかられ落ち着かれた頃
プラダについてさせていただこうと考えた。
やっと、囲いから出る事が出来た、性格の良いプラダの無事を
祈らずにはいられない。
 
2006.02.20 (月)

成長をした玉ちゃん

玉ちゃんは、子犬の時はごくごく普通のタイプの男の子だった。
譲渡頂いたブリーダーさんも、一切大きな事は言われなかった。
それは多分、家がその当時頂いた犬が・・・・
それをずいぶん「気の毒だ」と言って下さっていたのだ。
が!なんのなんの~半月ほど前から、見る見る綺麗になってゆく・・・
サイドスタイルが、お父さんにそっくりじゃ!
首が、いつの間にかスーッと抜け
コートは、純白のタイプではないが絹のように滑らかなコートで
まだまだ月例的にも伸び始めの時期だが、背中の毛はセンターから分かれ
はかまの毛もすでに飛節をすっぽり隠すぐらいに!!!!
フルコートになったらどんなやねん!
 
2006.02.20 (月)

森真一

預かりの女の子は、ほとんど・・・まったく吠えない。
が、昨日意を決して交配を行ったが
この子は、常に舌が出ているタイプで、その舌から滴り落ちる
よだれがレオ丸に付くのが嫌で、ずっと首を捕まえていたが
捕まえられているのが嫌だったらしく
すごいしわがれた声で鳴き出した・・・一瞬、声帯を
取っているのかと思ったが、そうではなく
時折、森真声は大きくなったり小さくなったりする(^_^;)
元々そんな声だったようだ。
ただ、この女の子5歳半と言う事だが
どう見ても8歳ぐらいにしか見えなかったりする。
違うブリーダーが見ても「5歳半らしいよ」と言うと
「うそでしょ~」と驚くほど老けている。
 
2006.02.19 (日)

ドッグフード

先日、今からブリーダーをと言われている方がおこしになって
フードの話になったが、フードに対する知識も意識もまだ薄い方で
市販で売られている一般的なサイエンスやユカヌバなどに
激安フードと言われているスーパーでも買えるフードを混ぜて
与えているんだとか・・・・。
交配に来ていた若いブリーダーの目が丸くなったギャハハハ(≧▽≦)
食べるからと言う理由だけで、不純物の多い餌を
与えないのが普通だから・・・・。
「赤いフードを水につけてみてください。赤いものが
下に沈殿するのは赤土が入っているんですよ
逆に白いものが浮く場合は鳥の羽ですね
それに黒いものがある場合は・・・鳥の目玉かな?
犬の食いがいいと思っているのは、美味しく嗜好性が
強く作られているからでウンコは山のように出て、
それでも中身は薄っぺらで身にはなりにくく、繁殖をそんな餌を
使ってやってゆくと必ず結果は違ってきて当然だし
自分の愛犬にそんなものを食べさせる事が出来ますか?」と
見本に、家の子達の使っている月例に分かれたフードを
少し持たせてみた。
家は、大型犬も小型犬も成犬は粒の大きさは違えているが
このフードで、1歳未満件と妊娠犬はさらにグレードを上げ、
4ヶ月未満犬は、またさらにグレードを上げているのだ。
即お電話で「家も注文してもらえませんか?」とギャハハハ(≧▽≦)
その注文にあわせて家の使っている消毒殺菌剤も一緒にと頼まれた。
 
2006.02.17 (金)

当たりが悪い

我が犬舎は、高圧洗浄器の当たりが悪く
1年間で4台を購入する羽目に・・・
1台目の洗浄器は、スイッチが入らなくなり、友人に差し上げたが
ただたんに、落として機械の中のスイッチの切り替えがずれていただけ
2台目は、高圧ホースのつなぎ目がなぜか甘い不良品もどきで
ホースのつなぎ目から水が噴出し、あまりにもずぶぬれになるので
3台目を購入・・・しかし、その3台目がついに一昨日
壊れたのだ!ガンの先の細いノズルを私が足で踏んでしまい
ポッキリと折れてしまった。それでも何とかしなきゃと思い
ボンドでつけたり頑張ってみたものの・・・
どうにもならずあても無いままホームセンターへ
そこで出会った4台目!「箱無し、説明書無し」と書かれ
白いボディー1万円もしない・・・高圧の延長ホースを別注で頼んだときも1万円に近かった。ガンだけ頼んでも多分そんなものだろう、
とにかくセットで購入すればそれほどでもないけれど
別に部品を頼むと、本体に近い価格がするのは何でじゃ!
色々考えたが、掃除をしないわけにはいかないし
購入する事に決定をした。
この洗浄器が無ければ、家の掃除はお昼過ぎまで掛かってしまうほど
水圧がまるで無いのだ。洗浄器のいらない水圧が欲しい・・・( ´Д`) <はぁー
 
2006.02.17 (金)

写真

Pap_0673.jpg

ヤンキーの写真を頂いた。
Pap_0179.jpg

幸せそうなヤンキー皆とも仲良しで何よりそれが嬉しい。
Pap_0153.jpg

 
2006.02.16 (木)

ヤンキーの近況

ヤンキー、一時預かりを頂いている方と
お礼方々、楽しくお話をさせていただいた。
一時預かりを頂いている訳は、年老いた大型犬などが危険にさらされる
色んな事があり、彼女は仕事も顧みず空港まで
ヤンキーを迎えにいってくれた方なのだ。
後にヤンキーは、長野に旅立つがサンルームを作って
いただいている所とかで、なんとも幸せなヤンキー君なのだ。
ヤンキーとクリスティーは、多分親子関係で、お話も弾むのだ♪
かわいそうな事に、ヤンキーはエールと同じく耳の状態が
かなり悪いらしく、耳血腫ができ血を抜くために日々獣医さんに通う
毎日らしい。エールもヤンキーも、痒くて痛かっただろうに・・・。
そんなヤンキーも、今は彼女の元にいるので
色んなおもちゃに触れたり、お散歩に行ったり
幸せな暮らしをしているようで、温かい気持ちでいっぱいになった。
 
2006.02.14 (火)

身奇麗になった?クリスティー

クリスティーのシャンプーをした。
お湯を掛けたとたん、ボワワワァァァ~ンとすごい臭い!
クリスティーは、憂鬱な表情をするものの私には逆らわない
とてもいい子になってくれた。問題は、お尻のほうで
沢山の数珠玉がくっついているためゴム手袋をはめ1個1個とってゆき
とっても綺麗なクリスティーになってくれた♪
ただ、シャンプーをしているときにある事に気が付いた。
クリスティーは・・・・。腕の上部に手のひら大の
大きな腫瘍があるのだ。最初は、なんて胸のある子なんだろうと
思いシャンプーをしていたが、そっと触ってみると右側に偏って
膨らんでいる(´;ω;`)ウッ…先日から時折少量出血をしていた口元も
よく見ると口元に1つ、鼻の真下に1つ色が変色した所があり
そこからの出血の様だ、癌や・・・・そう思うと
やりきれなさが襲ってきた。
 
2006.02.13 (月)

エールの旅立ち

関東から来ていた、預かりの女の子のお返しのため空港へ
エールを乗せて走った。
エールは、最後の移動で生涯を過ごす事になる私の
後輩のお店へと旅立った。
お店に着くと、大はしゃぎですごい勢いで・・・走る走る走る
陳列されている商品を壊すんではないかとかなり心配ギャハハハ(≧▽≦)
すごい巨体の子で、子牛ほどの大きさがあるのではないか?と
その巨体が走り回るのだ。「元気じゃないですか!!!でけぇ~」と
まわりがびっくりするほどだが
この子は、室内に入れてもらうとすごく嬉しそうな表情をする子で
よほど嬉しかったのだろう。
エールのハウスには、とても大きな木製のサークルが組まれ
トイレシーツとベットが用意されていた。
エールは、家では毛足長めのマットレスに寝ていた。
スポンジ入りのふわふわの布団に寝るのは、生まれて初めてかもしれないね(* ^ー゚)

商品を見て周り、アラン坊やの大好きなガムとブル足ぴっぴ
ボクにも巨大なミルク味のガムを、家の子たちへは、ライスチキンと言う
肉団子のようなおやつとボクとクリスティーのベット、
ドライング用にKIMURAのピンブラシをGET!
それとクリスティーのクレンジングに使うシャンプーを尋ねると
「これどうぞ~」と5本もコンディショナーとシャンプーを
頂きGET!ギャハハハ(≧▽≦)
欲しかった商品が手に入り大満足である♪

帰宅後、後輩からのTELで「お散歩に行ったら草むらに行きたがるけど
フロントラインをしてたほうがいいですよね?
それに夜間の暖房は?」とのご質問で
「フロントラインは、シャンプーして日が浅いので明後日ごろして
夜間の暖房をする必要はないよ」と答えておいた。
硬く冷たい地面に寝てたこが沢山出来ているエールが
今は、ふかふかのベットに寝て、しかも室内で眠らせてもらっているのだ。
エールを引き取ったときに体の大きさや体から放つ
たまらない異臭・・・「こりゃ~大変な子を引き取ったなぁ(^_^;)」と
思ったが、2日もすると気持ちが変わってきた。
今日の旅立ちで、安心と同時にエールの「何か言った?」と
言うようなぼーっとした表情を思い出して少し寂しい。
 
2006.02.11 (土)

ボクのシャンプー

ボクのシャンプーを行ったが、シャンプー嫌いなため
結構大変な目にあったりもする。
今日は、ボクが抵抗をした瞬間シャワーが手から離れ
上向きになり全部私のわき腹に掛かったりした(^_^;)
ボクは、短毛で少しでも足を擦ったりするとはげが出来やすい。
脱走魔でブロック塀を乗り越えてよく足に擦り傷を作り
それが小さなはげになるのだ。脱走をして何をしているのかと言えば
犬舎に帰り自分のベットに横たわり
雑技団のようにクルクルと回っているだけなのだが・・・
ボクは、異常にベット(・∀・)モエッの子の様だ。
冬になり、もう1つ困った問題があるようだ。
夜休むときは400のバリケンにエブリベットLサイズを
敷いて寝かせるのだが、団子虫のように丸くなり寝るのはいいが
テールがちょうどバリケンの壁に当たるようで
小さくはげてきている(´;ω;`)ウッ…
シャンプーをして乾かしてデキサンを塗っておいたが
酷くなるようなら獣医さん行きだなぁ~
とボクを見ると、いつもの「気持ち悪~い!」と言われる
座り方をしている。気温の低いときは生活の知恵なのか?
必ずこの座り方をするのだ。
Dscn2014.jpg
 
2006.02.10 (金)

エールの耳

エールの、体のでかさを考えると気が重いが
早々に病院へ出かけた。車に乗せるとまだ臭いが残っているのが
よく分かる(^_^;)獣医さんに到着すると「川崎さん、今日は変わった
犬連れていますね~」と言われ、エールの事を大まかに説明をした。
エールは、出かけた事で妙に上機嫌で医院内を尻尾を
ぶんぶん振りながら散策をしようとする(* ^ー゚)
診察をしていただいたが、1番気になるのは耳で
やはり先生も耳をめくった瞬間「こりゃ~酷い。悪くなって長年
放置をされている状態です。耳骨の一部も炎症を
起こしていると思うし、鼓膜のほうまで炎症が広がっていると
思います」と・・・(´;ω;`)ウッ…
「先生、これでも昨日2回洗浄してこの状態なんです。」と話すと
首を左右に振り、症状にあきれた顔をされている。
耳の中は、肉が盛り上がり中に化膿している部分もあり
ぜんたいがオムツかぶれの酷いもののようになっており
その皮膚全体を、うっすらと長年固まった耳垢が化石のように付いている。治療の間、エールは頭を振りイヤイヤとするが
何とか奥さんと2人で、エールをだましだまし治療をしていただいた。
お次は、足のいくつもの脱毛だが、長い間硬い床に寝ていた子のようで
タコになりはげているだけで、心配はないという事で安心した。
ワクチンもして頂き、耳のほうは抗生剤と点耳薬を頂き
無事帰宅をしたが、帰る車の中で怒涛のごとく
私のお腹に渦巻く熱いものがあった。
 
2006.02.09 (木)

朝から晩まで

大きな子が3匹になると結構大変だ。
朝は、ボクと散歩に出かけ、お昼はクリスティーと出かける。
エールは、すぐに歩かなくなるので10mも引いてやれば
大満足で助かるギャハハハ(≧▽≦)
今日は、エールのシャンプーを行ったが
アプリケーター1本でも足らない。・゚・(ノ∀`)・゚・。藁
乾かすのも半日係りだ。
大人しく洗わせてくれるのでとっても楽は出来たが
楽といっても子牛のような体で(^_^;)
何度も洗った。泡が立たないからね~
さすがに長年染み付いていた臭いは1回では落ちない。
耳の中を見て唖然とした。柔道の選手のように掻きすぎて
中の耳穴が超狭くなっているし、耳の周りに張り付いた耳垢(´;ω;`)ウッ…
それに、皮膚の状態も良くなく足先などに1円玉より少し小さめの
脱毛が所々みられるのだ・・・・。
どんなに洗ってもすぐには綺麗にならないが
それでも、昨日までのエールからするとずいぶんこざっぱりした。
それに触るのに耐えられないほどの異臭もしない。
明日は、獣医さんに行き皮膚と耳を見てもらい
ワクチンも打ってもらおうと思う。
残るは、クリスティーだかこの子は便の状態が悪く
お尻に便を数珠球のようにつけているので
車には乗せにくい。・゚・(ノ∀`)・゚・。藁
昨日も今日も便がかなり緩い。
とりあえず便を少しでも硬くしてシャンプーをして
獣医に連れてゆかなきゃ!
 
2006.02.08 (水)

2婆登場

エールとクリスティーがやって来た!
とっても大物なので、知人に頼んでトラックで営業所まで
取りに出かけたが、エールはなんと言うことはないのだが
クリスティーの目が・・・「これ噛むよ」と知人に言うと
「うん、噛む目だ」と言う。
バリケンに手を掛けようものなら向かってくる素振りをする。・゚・(ノ∀`)・゚・。藁
事務所に到着して「お前、どうやって降ろすのか?」と聞かれて
「首輪をはめて1回リードをつける」と言うと「だから、その首輪を
出来るのか?」と聞くので「しないとしょうがないじゃん」と首輪を
手に持ち、いざ!!!「馬鹿、俺が掛けてやる」と
そう、大物相手の専門なので、頼りになるのだ。
トラックから、すぐに厚手の皮手袋を出して
さっさと首輪を掛け引き摺り下ろしリードもかけてくれ
後は楽珍だ♪エールは、のそのそと歩いて亀みたいなので
すぐに首輪をつけることが出来た。
しかし、その後クリスティーは大人しく、大人しいと思っていたエールは、環境が変わった事でとにかく鳴きまくりで大変な思いをした。
2匹に食事を与え水を与え、その間に家の子たちの世話をこなし、
交配を行い息をつく暇もなく過ごした。家の子たちもクリスティーも
エールもハウスにいれ、午後から知人との約束で出かけ
帰宅をしてすぐに、皆を各レーンに出し
クリスティーとエールも出してあげたが
出そうとしたとき、クリスティーが鼻にしわを寄せた!!!!
「クリスティー」と名前を呼び再度出そうとしたら、また鼻にしわを寄せる。・゚・(ノ∀`)・゚・。藁、今度は出すのをやめて名前だけを呼んでみると
また鼻にしわを寄せる・・・・ギャハハハ(≧▽≦)
クリスティーは、なんと私を見て笑ってくれていたのだ!!!
なんて可愛い子なんだろう♪と!
そこで気を良くした私・・・これが間違いの元だとも知らずに・・・・
 
2006.02.07 (火)

天心、天使になる

今日のお昼過ぎに、天心は旅立った。
昨日から、自宅でも出来る点滴をしてもらっていたようだが
点滴も何の役目も果たさないほど、あの子は弱っていたようだ。
オーナーは、とても悲しまれ「天ちゃん天ちゃん」と泣かれていた。
とても大人しいオーナー様だが、天心があちらに行ってから
ずいぶんオーナー自身も変わられ、天心の事になると
言葉数も少々多めになられるし、それだけ、天心に惚れ込んで
くださっていた。
オーナーは「申し訳ない、せっかく皆さんに応援いただいていたのに」と
嗚咽をあげて泣かれるが「申し訳なくないですよ、家にいたって
いつ怪我や事故にあうかも分からないし、病気にかかることだってあるし
それぞれ寿命があるんですから、天心はこれだけの寿命だったんです。
それに今回の天心の事で、私もあなたもより深くなったでは
ないですか!天心がそうさせてくれたのです。そう思いましょう!」と
いつもの私の口調でさっぱりと話をした。
と、何度もそう言ったが・・・言っている途中で
こみ上げてくるものがある。それは、あの子が小さい時からの
私と天心しか知らない2人の思い出が沢山あり
話の途中にそれが思い出されるのだ。
小さいときの可愛い天心を思い出す。
Dscn0384.jpg

 
2006.02.07 (火)

皆の旅立ち

皆、順調に旅立ちをしている様子
途中経過をお聞きした。
プラダもヤンキーも大人しく輸送用のバリケンに入り
特にヤンキーは、どこかに出かけるのだと感じたようで
とにかく嬉しそうにパタパタと回っていたらしい。
生まれ育った生家を離れ、遠くの土地に行くことは
ヤンキーは知らないのだ。きっとドッグショーにでも
連れて行ってもらう気分だったのだと思うが
「ヤンキーの色んな事を考えると、涙が出るごとあったですよ」と・・・
最後までほろりとさせてくれるヤンキーは、ラッキーボーイで
私は、見た事もないヤンキーをどんどん可愛いと思うようになった。
魅惑のヤンキー君なのだ!
飼い主さんも優しそうな方で、幸せの旅立ちやもんね♪
多分、ヤンキーはクリスティーの子供だと思う。
のどかな土地で走るヤンキーの姿が目に浮かぶようだ。
 
2006.02.07 (火)

最後のドタバタ

オーシィー達に順調に里親様が決まりだしたが
ヤンキーもようやく地元へ決まった昨日、なんと
最初からお骨折り下さっていたオーシィーファンシャーの方より
「川崎さ~ん!ヤンキー君の里親様見つかりましたよ」と弾んだ声で
。・゚・(ノ∀`)・゚・。同日にダブルなんて・・・
そこでまたもや一同悩みまくりで、将来のヤンキーの事を1番に考え
長野県の方にお願いをする事にした。
これで、今度こそ一同ほっとする事が出来た。
朝から細切れのように仕事が入り、それを一つ一つこなしながら
午後からは学校の呼び出しで、しかも2つも呼び出しをかけられており
暗くなるまで学校にいた。その合間を縫うように携帯で
やり取りをし4日連続携帯の電池切れだギャハハハ(≧▽≦)
 
2006.02.05 (日)

ミシェル君とレディーちゃん

ミシェル君とレディーちゃんのオーナーは同一人物なのだが
先日「スタジオで写真を撮るので送ります」と言われ
「もったいないから良いですよ~」と言うと「家の専属なので・・・」と
いう事でギャハハハ(≧▽≦)

ミシェル君は、もちろんだが変化は無し
m.jpg


 
2006.02.05 (日)

天心の事

オーシィーの件は、沢山のお力を借りて順調すぎて怖いくらいだ。
プラダの行く先は、プロのブリーダーさんの所だが
ご実家の犬舎号を見て、私は・・・・????
私が、ボクを飼う前にドーベルかロットワイラーが欲しく
探していたときに見た事のあるHPだ!!!!
それに、ここの犬舎号は・・・有名すぎませんか??ギャハハハ(≧▽≦)
なんだかプラダって、すごいじゃん!なんて大興奮よ~
幸せになってヽ(´ー`)ノオクレヨ
ケリーも実娘を飼われているご家族がお引取り下さるらしく、
本当にラッキーなお話で安心できそうだ。
しかし、この話にもやはり私がご相談をしたオーシィーファンの
ある方が関わってくださっている事を、後の電話で聞き
心から、ありがたいと思った。

 
2006.02.04 (土)

オーシィー一色の日

里親様を探しているオーシィー達は、過去きらびやかに
ショー会場を走っていた子も中に入る。
その現役の姿をご存知の、オーシィーファンシャーもいてくれた様で
特にヤンキーは「わぁ~あの子!」と言われる方もいて
私の子供達ではないけれど、ちょっとだけ嬉しい♪
広い日本、ヤンキーの過去の姿を知っていてくれる方がいるなんて!!!
それに、ヤンキーもプラダも何とか明るい光が見えてきた感じだ。
私は、今回の件で大変なオーシィーファンシャーの方に
ご相談をさせて頂き色んなお話を伺った。
彼女は、大変聡明な方で色んなお知恵を拝借でき
すごく親切で親身になってくれるのだ。
しかし、彼女の2回目のお電話は面白く?
「お嬢様が、後を引き継がれるという事なのですが
里親さんを勝手に探して、後々トラブルになりませんか?」という事で
私・・???彼女にはお子さんが居ないはずギャハハハ(≧▽≦)
その話は、各地に飛び散っている話のようで、人のうわさとは
なんといい加減で、あまりにも事実とは違うので
可笑しくなるほどだった。
 
2006.02.02 (木)

七宝ちゃんからのお便り

フレブルの七宝君から速達が届いた。
飼い主を亡くしたオーシィー達の写真の中に
自分の写真までなぜか入っているギャハハハ(≧▽≦)
「ボクは、可愛いから川崎のおばちゃん見てね」と言うところだろうか?
shi.jpg
 
2006.02.01 (水)

ミシェルの旅立ち

ミシェル君、神奈川に旅立ちの日。
夕べは、アランと仲良く十分に暴れ遊んだ。
Dscn1932.jpg

Dscn1927.jpg

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。