パピヨンブリーダー Glorious.k Blog | TOP > いて座1位♪
交配・出産情報
★パピヨン出産予定
6月中旬~
キーさん
ポーラさん
チュレさん
ジュディさん
アイアイさん
 
 
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2014.03.26 (水)

いて座1位♪

スマホのドコモサイトで、今日の運勢1位・・・
さしていい事なんてあるはずもないよね~と
午前中は、微熱もあり、いまいち普通
その後、劇的展開!!!夕方には(*^-^)ニコ
気分もよくなってまいりましたので
たけのこを使ったパスタやこちらも季節の野菜
スナップエンドウ主流のサラダ
ホタテのオーブン焼き等を軽快に作成♪
夕方、こぱぴちゃんたちも、目頭が緩み始め
目が開きかけている様子♪
なんだか、久々にテンションあげあげ~

テンションが、普通もしくは低めのとき
私は、ボーっとしている時間は
大半、あれこれと犬あれこれを考えているんだけど
大昔、ブリーダーの犬を預かり子供を出産させたとき
そのこは、生まれたての子犬を鵜飼の鵜のように
食べてしまった事があり、その話を
その当事掛かりつけだったN獣医にすると
「カニバリズム」とのこたえで
今考えると「そうなんですか・・」と聞いていた自分自身が
実に情けない!!!そんな事をあれこれ考えていた今日この頃
考える大本は、先日、MISAちゃんのところに子犬が生まれ
1頭目が生まれたときにお電話があり
「川崎さん、育児放棄かも?」との
お電話が入ってから、考えずにはいられない、1回見ると1回聞くと
只管答えが出るまで、考えまくる、疲れる性格なんです(T▽T)アハハ!
なぜ、母犬が子育てをしなかったのか
子犬が非情に未熟で、母犬の判断で
「育てない」と決めた子だったんですね
胎盤も食べつくし、時として未熟で育たないと判断した子を
食べてしまうケースもあるんだけど
これは、他の子を守るために行われていることが多く
血肉のにおいや、死臭が漂えば
巣穴に外敵が侵入しやすくなるからなんですよね
誰に教わらなくとも、母犬は、よく分かっていたんです。
こういうことを考えると、人間なんて子供を生んでも
学んだり教わらなければ、何も分からず
犬や猫のえらさを感じずにいられませんね

1日1クリックでいい事あるかも?
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://tentan.blog32.fc2.com/tb.php/3602-b3df21b0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。