パピヨンブリーダー Glorious.k Blog | TOP > 非常に難しい問題
交配・出産情報
★パピヨン出産予定
6月中旬~
キーさん
ポーラさん
チュレさん
ジュディさん
アイアイさん
 
 
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2014.06.11 (水)

非常に難しい問題

昨日、今日とノミダニの駆除について
少し話す機会があり
昨日の方は「フロントラインプラス」ノミの卵まで殺すもの
今日の方は「システック」フィラリアもあわせて
駆虫できノミに有効なお薬をご使用でした。
フロントライン等の薬の成分の一部は
一部、強い薬品が使用されていて、そのため副作用を起こす子も
中にいたりするようですが(我が家では今のところ無い)
ノミもですが、ダニは時として命を奪う事もあり
飼い主さんは実に悩ましいところと言うのが本音ですね

そんなことを、あれこれ考えつつネットで見つけた
老犬にお薬をつけたら、死んでしまったとの記事
ただ、外飼育の犬であること、猛暑の季節である事
それから、高齢犬である事
何よりも、お薬をつけたら目に見えてたくさんのダニが落ちた事・・・
ダニは、激しい貧血やショック状態を起こさせたり
犬や人間まで、命を奪う事もある寄生虫
猛暑で外飼育された老犬が、目に見えるほど
たくさんのダニに取り付かれていた状態であったことなどを考えると
果たして何により命を奪われたのかと、考え込んでしまいました。
薬だけに頼らず、できるだけ、外飼育猫の多い広場等をさけ
ダニの多い草むら等を避けることだけでも
ノミダニ予防になるのです。
予防をするしないは、体質の問題や飼い主の考え方により
自由だとは思うのですが、きちんと獣医師に相談の上
方向性を決められていただきたいし、しないのであれば
他の子と接触させるときは「していない」事を伝えるのが
常識でマナーだと思うのです。
って、家のオーナーさん、していないこと遊ばせて
蚤をうつされたんだって~フロントラインを嫌がるので
飲み薬のシステックで、ちゃんと予防をされていたので
その蚤が心地悪い住処じゃ~と飛び跳ねたことで
びっくりして、前日遊んだ子の飼い主さんの尋ねると
していな事がわかったんだって(T▽T)アハハ!

現在すでにエヤコンかけっぱなしの我が家
ここの所、さほど暑くはないけれど、湿度があり気持ち悪いんで・・
梅雨前も、日中は、体力を消耗するので野外活動はさせておらず
早朝と、夕方以降が、遊びの時間
外飼育の犬等は、涼しい室内や
せめて、玄関に入れてあげる事が大事な事のような気がします。

1日1クリックでいい事あるかも?
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://tentan.blog32.fc2.com/tb.php/3689-500aef72
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。