パピヨンブリーダー Glorious.k Blog | TOP > 考えなしでまた修正
交配・出産情報
★パピヨン出産予定
6月中旬~
キーさん
ポーラさん
チュレさん
ジュディさん
アイアイさん
 
 
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2015.01.04 (日)

考えなしでまた修正

ほら、私って考えが足りないから
先ほどのブログ、イヌ科の習性などを
見るために見まくっているところ
全然かいてなくて、題名だけが「イヌ科の習性」って(T▽T)アハハ!
そう、イヌ科原型の習性を見るために
特に、子育ての仕方
吐き戻し離乳食を与える場所が巣穴から
どのあたりの距離になるかとか、どの月例で
狩りに連れ出すかとを見ていて(^^;;
ハイエナ、実はメスが大きく強いんですって~
交配も雄は怖々(>o<")
ハイエナを見ていて、その毛の生え方にも、注目で
気候を考慮しても、おかしいと思うのが末端に毛が多いのです。
耳の先、尻尾の先、これ保護すべきところなんでしょうね
それから、背中にちょろちょろある鬣、これが
考えども、意味が分からない('_'?)...ン?

一方、少し狐に似たリカオンは、群れのなかでも最も力の強いメスが子供を持ち
他のメスが同時期に出産をすると、そのこを時として
強いメスが、かみ殺すんだとか
強い子孫を残し、強い群れを作るための
野生の本能なんでしょうか・・・
イヌ科だけじゃなく、とても面白いのがネコ科の猛獣
特に、ライオンが好きでライオンの雄は実に大きく強く
止めた獲物をオスがいるにもかかわらず
しつこく先に食べるメスはあっけなくかみ殺され
人間と違い、上下関係が厳しく
我侭など、通用しないのですよね
雄同士の死闘は、恐ろしいものがあるんだけど
その死闘や、ライオンの最終攻撃を見て
「あぁ、だから鬣が・・」と、、、人間の鼻に鼻毛があるのと
同じなんですよね、他の意味もあるとは思うけれど
年老いた強い群れのボスだったライオンの最後も見たけれど
自然界では、獲物が取れなくなり獲物が食べられなれば
ひっそりと、仲間から離れ死んで行くのです。
犬も、人間も、高度医療の発達で
歩けなくて、買い物にいけなくなっても手立てがあり
食べられなければ、医療の元であれこれと栄養摂取ができ
寿命もずいぶん長くなりました。
素で生きている野生動物を見ていると
日々を生き延びるのが、非情に過酷
獲物の角でしんでしまったり、躾が悪いと
食事マナーが悪ければ、オスからも噛み殺され
子供を生んでも、恒に外敵から襲われる危険もあり
サバイバルゲームのよう
人間も、ペット犬も、日々に感謝しなければなりませんよね

1日1クリックでいい事あるかも?
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://tentan.blog32.fc2.com/tb.php/3998-49737f9c
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。