パピヨンブリーダー Glorious.k Blog | TOP > 人間の残虐性と犬に対する過信
交配・出産情報
★パピヨン出産予定
6月中旬~
キーさん
ポーラさん
チュレさん
ジュディさん
アイアイさん
 
 
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2015.01.05 (月)

人間の残虐性と犬に対する過信

今日は、またまた少し時間のあるときに
動画を見ていたけれど、野生動物から攻撃を受け
大事故に繋がる動画をみていて
動物園の折が壊れる等のアクシデントで
攻撃される方は、本当に不運で気の毒なのだけど
カメラに収めたく、近寄りすぎて殺されたり
ハンティングの的代わりにして襲われたり
見世物にして、ムチで叩いてかみ殺されるのは
ある意味し方が無いかも・・・
サーカスの火の輪潜りだって、野生の動物は火が怖いため
どれほど怖い思いをして
あの子達が飛び込むか分かります?
それをしなきゃ鞭で打たれ
右を向いても左を向いても、痛い目にあう
野生動物を、私利私欲の見世物で使わないで頂きたい・・・

先日、海外で訓練を受け実践で活躍する警察犬が
警官の静止をまるできかず、しつこい嚙み攻撃をやめずに
「やりすぎ」と批判にあっていて
本日は重点的に、犬の興奮性のお勉強
某所で、訓練氏が「私の犬は何があっても問題は無い」と豪語していたが
絶対なんて無いんだよ
こういう人の犬に、私の犬が傷つけられたら・・・
その高慢ちきな鼻っ柱をへし折ってやるわ( ̄‥ ̄)=3 フン
どんなに自信があっても
人間社会に生きる犬、きちんと人間社会のルールを守り
飼育管理はしなきゃなのです。

動画を見ていると、まるでまったく飼い主の静止を
きかない犬もなかにいて、飼い主までかまれちゃったりなんかして
「馬鹿犬、飼ってて楽しいか?」
お散歩中のペキに噛み付いた犬の飼い主
自分の犬にどんだけ拳骨食らわせてんねん!
それでも、中々離さない
しかし、この犬そんなにダサいリードや首輪はしておらず
おしゃれの前に、躾をしろ!それができないなら
口輪をしろ、それもできないなら、外に出すな!
運動がというならば、広大な山でも買って
犬が出ないゲートで山を囲え!

私が見ている動画の中には、残酷極まりないものも多くあり
多頭数のトラがいる中にライオンを1匹だけほおり込み
死闘を撮影したものとかもあり
トラのゲートに入れ込まれた
ライオンがかわいそうで、本当に最後まで見る事がえできまん・・・
こういう馬鹿で幼稚な事をする
人間って、まじで死んで頂きたい・・

1日1クリックでいい事あるかも?
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://tentan.blog32.fc2.com/tb.php/3999-a9692062
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。