パピヨンブリーダー Glorious.k Blog | TOP > 天に召されたムース君
交配・出産情報
★パピヨン出産予定
6月中旬~
キーさん
ポーラさん
チュレさん
ジュディさん
アイアイさん
 
 
FC2カウンター
 
月別アーカイブ
 
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2016.05.22 (日)

天に召されたムース君

最初のお付き合いは、ムックと言う
男の子パピヨンをご見学された事から始まったsaikoさん
その後、そのこはお散歩のときリードが手から離れるアクシデントで
事故死をしてしまい、日が暮れた時間にsaikoさんから
泣きながら電話をもらったことを思い出します。
待って待って同じ掛け合わせの弟を迎えられ
ムックと名付け「あそこの子は持っていないものはない」と
いわれるほどの出来合いぶり
お出かけもたくさん連れて行ってもらい
弟となるシオンも迎え、シニアになりおだやかな余生を送る予定だったのです。
一昨日も、ハウステンボスのチューリップを見に出かけたらしいのです。
その際に起こった事故
死ぬことはないような事故
2回受診をした獣医も極落ち度のない診察をされていて
ただ、出血が確認できた昨夜
「明日の朝症状がかわらなければ
レントゲンやCTなどもお願いするほうがいいかも」と話していたのです。
夕べは寝てばかりのムース君
それが、夜中の1時過ぎに携帯がなり
「keikoさん、ムースが息をしていない!」
それでも諦められず「獣医に!」
目が半開きで死んでいたらしく
「獣医にはいかなくて、ムース君の目を閉じてあげて」
今日の午前1時前後ムース君10歳の生涯を閉じました。

朝は、同期の子をお持ちのオーナーさんなどにお知らせ
そして、1番つらいsaikoさんの心のケアを
プロのREIさんにお願いし
次は、死因をお尋ねするのに、とことこさんへ
「出血は、肺からの可能性が大きく」
「大量でない出血の場合、発見はかなり難しかったと思われます」
首が絞まることにより、時には心臓などに塞栓ができ
心筋梗塞のような状態で死亡をする事もあるらしく
ムース君の場合
肺の血管や組織に何らかのダメージを受け、それにより
じわじわと出血が起こりの可能性が1番大きいようでした。
専門的な話を分かりやすくお話してくださる、とことこさん
大変な愛犬家さん、皆さん我が子とだぶらせて
悲しまれ、MADAMはシクシク泣き出されてしまいました。
どなたもいわれることは
「ムース君、あれだけ可愛がられた幸せな子」
ムース君、少し短かったけれど幸せ一杯の
10年でした。saiko家の最愛の次男坊ムース
安らかにお眠りください。

1日1クリックでいい事あるかも?
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://tentan.blog32.fc2.com/tb.php/4592-06e04c94
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。